Activity

SeConfig2019に参加しました

報告者:中村 2019-11-19

会議概要

2019年11月15日にアメリカ・サンディエゴで行われた国際ワークショップ  SeConfig2019 (1st International Workshop on Software Engineering for Infrastructure and Configuration Code) に中村が参加しました.

このワークショップは,大規模・複雑化するソフトウェアの 設定や構成 (Configurations)に焦点を当て,それらをいかに 工学的に作成,維持,管理していくかについて話し合うものでした. ソフトウェア工学のトップ会議の1つ ASE2019 (The 34th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering) の併設ワークショップとして 開催されたものです.

会場はHilton San Diego Mission Valleyで,ハイウェイ沿いのきれいなホテルでありました. 本来は本会議のASEから参加したかったのですが,連日の出張続きで体力が持たず,ワークショップ のみの参加でした.

03-IMG_7999.JPG

04-IMG_8000.JPG

05-IMG_8001.JPG

発表内容

今回中村は,以下のタイトルで発表しました.

Toward Evaluation of Deployment Architecture of ML-based Cyber-Physical Systems

機械学習を組み込んだサイバーフィジカルシステム(CPS)の配備構成を, コストやセキュリティの観点から評価しようという試みです. 機械学習のプロセスやビッグデータ,学習済みモデル,意思決定モジュールを, クラウドやエッジからなるCPSのどこに配備すべきか,何を基準に配備構成を決めるべきかを問題提起しました.

この研究は,2019年の夏にグルノーブルから来た4人の学生の神戸大でのインターン 成果を,中村とリディ先生でまとめたものです.CPSという対象に非常に興味を 持ってもらえました.我々で開発中の高齢者見守りシステムも例題に出し, デモンストレーションしたところ,結構受けました.よかった!

30-IMG_8026.JPG

35-IMG_8031.JPG

他の発表

基調講演は,カナダ・マギル大学のShane McIntosh先生.どこかで見たことがあるなーと思っていたら,阪大やNAISTのSEグループと交流のある先生で,KMI先生のマブダチとのこと(^^).話が弾みました.

09-IMG_8005.JPG

ブラウン大学のTim Nelson先生.要求と制約に基づいて,構成を合成する話題.面白い.

19-IMG_8015.JPG

ドイツ・フンボルト大学のMaike Basmerさんの発表.

26-IMG_8022.JPG

ワークショップの参加者

ワークショップには12名の研究者が参加しました.主にアメリカ・カナダの研究者が多かったのですが,MIT, エール大,カーネギーメロン大,イリノイ大,ブラウン大,マギル大,DARPA (国防高等研究計画局),ウィーン工科大, 等の世界トップクラスの大学・研究機関のメンバーで構成されていました.

単に発表して質疑で終わりではなく,グループを作ってディスカッションして,各自の抱える課題をシェアしたり,今後どういう研究が必要か,短中長期的な論文のタイトルを考えたりしました.

議論は非常に専門的で白熱しましたが,基本的にみなフレンドリーで決してスノッブにはならず,相手の言うことはきちんと受け入れ,それを取り入れて発展していこうという姿勢でした.非常に有意義な時間だったと思います.

44-IMG_8040.JPG

46-IMG_8042.JPG

43-IMG_8039.JPG

食事会

会議が終わったら,せっかくなのでということでホテルの横にある日本レストラン Fuji にみんなで行きました.

鉄板焼きパフォーマンスがあるお店で,すし,刺身,うどん,弁当など日本食は一通りありました.

味は予想に反して(^^;) とてもおいしく,コックのおっちゃんもフレンドリーで楽しいひと時を過ごしました.

50-IMG_8046.JPG

56-IMG_8052.JPG

58-IMG_8054.JPG

まとめ

今回はじめてこのワークショップに参加したのですが,得られるものが多かったです.

新しいコミュニティに飛び込んでいくのは,なかなかに勇気と体力がいりますが, 他の人の発表や議論を通して,また新しい視野が広がったと思います.

また,我々のやっていることをきちんと論文にまとめて発表し, みんなに知ってもらうことは非常に意義のあることです.

これからも頑張ります!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-19 (火) 09:52:07 (22d)