暗黙的なユーザ要求を抽出・推定するホームネットワークのための対話型音声インターフェース

背景

多様なネットワーク家電やセンサ機器が数多く接続されているホームネットワークシステム(HNS)では,従来の家電で用いられてきた専用リモコンに代わる,新しい操作法が求められています.音声による機器制御を実現する音声インターフェースはその中の一つです.特に混合主導型音声対話システムは,ユーザの学習コスト削減などのメリットから,今後の普及が期待されています.

混合主導型対話システムの問題点

HNSに混合主導型対話システムを適用する際には,

  1. 「暑い」「暗い」「うるさい」などといったユーザの暗黙的な要求を操作へ反映できない
  2. 複雑な対話パターンの実装を必要とするため,開発コストが増大する
  3. 実行可能な機器操作やパラメータが多ければ,それだけ音声インターフェースからのフィードバックの無駄が多くなり長大化する

といった問題点があります.

目的とアプローチ

上記の問題点を解消するために,ユーザの発話内容や家電・環境の状態からユーザの暗黙的な要求を抽出・推定し,家電機器を操作する対話型音声インターフェースを提案します.
提案法では,ユーザの暗黙的な要求を抽出・推定することができる暗黙的なユーザ要求抽出・推定機構を導入しました.
さらに,複雑な対話パターンを必要とする混合主導型対話機構の実装において,テンプレートメソッドパターンを用いることで,開発コストの増大を抑制しました.
そして,操作対象の家電が現状態で実行可能な操作のみをシステムがフィードバックする,家電状態を利用したコマンド提示機構を採用しています.これにより,無駄なフィードバックを削減し長大化を防止しました.

対話による暗黙的なユーザ要求抽出・推定

  • 暗黙的な要求
    明示的な機器操作コマンドを含まない要求で,本研究では環境に対する不満や理想的な状況への期待とします. (ex. 「暑い」「暗い」)
  • 暗黙的な要求の抽出・推定
    1. 環境要素(温度,照度,音)ごとに暗黙的要求に関する発話事例を分類します.
    2. どの環境要素に影響を与えるかという観点で機器操作を分類します.
    クリップボード01.jpg

発表文献

松原 典行, 江上 公一, 井垣 宏, 中村 匡秀, ``暗黙的なユーザ要求を抽出・推定するホームネットワークのための対話型音声インターフェース,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.109, no.450, pp.061-066 , March 2010. [PDF]

[< 戻る]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-22 (水) 16:29:31 (2524d)