#author("2021-04-03T06:01:35+00:00","default:admin","admin")
#author("2021-04-03T06:04:59+00:00","default:admin","admin")
[[Activity]]

* PerFlow2021に参加しました(陳) [#qc12ae4e]

報告者: 陳 2021-04-03

** 参加事項 [#ed6bd551]

2021年3月26日(金),[[PerFlow:http://www.perflow.org/]]のワークショップ(International Workshop on Pervasive Information Flow (PerFlow'21) 

in conjunction with PerCom 2021)がオンラインで開催され,陳が発表を行いました.

//&attachref(http://www.percom.org/sites/default/files/Banner_PerCom21_280dpi_0.jpg,15%);
//&attachref(http://www.perflow.org/img/top-visual.jpg,10%);

本来であれば,ドイツ・カッセルで行われるはずでしたが,昨今のコロナウイルスの流行により現地開催が中止となり,

陳は研究室から,オンラインのバーチャル環境での参加となりました.

** 発表内容 [#o604d4d3]

陳の発表タイトルは「''Using Human Pose Estimation for User-Defined Indoor Location Sensing''」です.

今回の国際会議では,Zoomでのオンライン発表の以外に,Slack や Gather.town のコミュニケーションツールも活用も含まれていました.

さらに,各セクションに,研究紹介としてのティザー動画も用意していました.陳所属セクションのディザー動画です.⇒ [[クリック:https://www.comtec.eecs.uni-kassel.de/percom2021/teaser/26-WS-PF-03.mp4]]

** 発表様子 [#lbb22390]

陳は「Session 2 Human Context Prediction」の2番目で,研究内容を発表していました.以下は陳発表時の様子です.

&attachref(202103perflow1.png,nolink,66%);

** 経験と感得[#b5d1863a]

オンラインでの国際会議に参加することは初めてですが,かなり英語コミュニケーション能力を鍛えていました.

特に,研究内容の発表のみならず,質疑やディスカッション部分の経験を,多く積んでいました.

ドクターの在学から今後で研究者として,''独自の思考・研究能力'',かつ,世界中への''発信能力''を向上することに,

こうしたグローバル体験は,極めて重要であり,これからも,さらなる努力が必要と考えています.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS