#author("2020-08-08T09:14:33+00:00","default:admin","admin")
#author("2020-08-08T09:14:42+00:00","default:admin","admin")
[[FrontPage]]

[[Activity]]

* HCII2020に参加しました [#m645b151]

報告者:徳田 2020-08-08 ~


2020年7月21, 22日にHCII2020に矢吹さん・中井・関本・徳田の4人が参加しました.

今回、本来はデンマークのコペンハーゲンで発表する予定でした。しかし昨今の新型コロナウイルスの影響により現地での実施が困難になり、オンライン発表という形で数日間に分かれながら実施することになりました。


矢吹さんは"Fd-Cast: a Tool for Analyzing and Simulating Fire Department Configurations" ~
中井は"FigMap4SC: Fine-Grained Map Coloring Web Service for Smart City Analytics" ~
関本は"EVIDENT: Extraction and Visualization Interface of Drawing Execution in Neuropsychological Test" ~
徳田は"Extracting and Evaluating Personal Interests with Dialogue Agent" ~
というタイトルで発表をしました.

**研究発表 [#k2fd0f33]

発表の様子です. ~

&attachref(./1.JPG,12%);
&attachref(./2.JPG,12%);
&attachref(./3.JPG,12%);

研究室メンバーは多くが初めての海外発表だったため、緊張もしましたがなんとか発表を終えることができました。

慣れない英語での質疑応答に苦労しましたが、いつもの研究室で行ったため比較的リラックスできる環境でした。

&attachref(./4.jpg,30%);
&attachref(./5.jpg,30%);
&attachref(./6.jpg,30%);

コロナはなかなかに収束しませんが、外に出ずとも多くのことが出来るようにと世界中の方々が尽力しています。

おかげさまで外に出ずともこのような形で国際会議に参加することが出来ました。オンライン発表というのも、リラックスしやすく発表や聴講の内容に集中できるという利点があり、特有の経験を得ることが出来ました。

しかし、いつか昔みたいに気兼ねなく外に出れるようになったら実際に海外に赴いて、観光や交流を楽しんで、ちゃんと外国の方々の目の前で発表するという経験もしたいものですね。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS