FrontPage

サービスコンピューティング研究会(SC)で発表しました

報告:中村 2017-09-01

2017年8月25日(金)に法政大学・新一口坂校舎で行われた,電子情報通信学会・サービスコンピューティング研究会(SC)に参加し,研究発表をしてきました.

今回の研究会はインタプライズ・モデリング研究会(SWIM)との共催で,「ソサエティ5.0に向けたサービスコンピューティングとインタプライズモデル化技術」というテーマで開催されました.

SCとSWIMは研究のスコープが重なっている部分もあり,特にソサイエティ5.0は共通の関心事であるため,活発な議論が交わされました.

中村の発表は,「APIエコノミーにおける開発者視点からのAPI価値に関する一考察」という発表で,ソサイエティ5.0で展開されるAPIエコノミーにおいて,開発者がAPIの何に価値を見出すのかを説明するためのモデルを提案しました.

久しぶりに単著で書いた論文で,いろいろと新しいことも勉強できてよかったです. 特に,新しいソフトウェア品質モデルSQuaRE (ISO25000シリーズ)を詳しく勉強 できたことは収穫でした. 何歳になっても自分で論文を書くということは重要だと思いました(^^)

当日の資料は,SWIM研究会のページから見ることができます.

中村の発表.

IMG_2434.jpg

IMG_2439.jpg

富士通・西川様の発表.ヒューマンセントリック・イノベーションについて.

IMG_2412.jpg

三菱電機・小倉様の発表,超スマート社会実現に向けたビジネスモデルに関する一考察.

IMG_2427.jpg

参加者は30-40名程度だったでしょうか.

IMG_2429.jpg

懇親会の様子.SC研究会とSWIM研究会の今後の連携について議論できました.

IMG_2442.jpg


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-01 (金) 14:10:34 (47d)